とちのき村HOME >写真館 >自然学校 >自然学校2018 >2018年6月25日~6月29日 尼崎市浜田小学校の自然学校

自然学校 自然学校2018

2018年6月25日~6月29日 尼崎市浜田小学校の自然学校

4日目 雨が降りそうで降らない浜田小のパワー。野外炊事とキャンプファイヤーで大盛り上がり!

予報では今日は雨。しかし夜中にドバっと降って活動中は全く降りません。てるてる坊主にお願いしたおかげでしょうか?

野外炊事では係ごとに一生懸命役割をこなしました。なんたってお昼ごはんがかかっているんですから。火もすぐにおこせました。お米も上手に炊けました。カレーも美味しくできました。初めてのことばかりでも、しっかり声をかけあって協力できます!片づけもまさに「来た時よりも美しく」してくれました。

夜のキャンプファイヤーでは、リーダー達や先生方がたのしいゲームで盛り上げてくれます。みんなも大声を出して体いっぱい使って踊りました。最後はリーダーと班長が今日までの想い出を語ります。聞いているうちに感動して鼻をすする音がたくさん聞こえました。

寂しいなって思えるくらい深く深く関わり合えた4日間だったんですね。

3日目 曇り空で強い風が吹いています。今日はツリーイングと沢登りにレッツゴー!

昨晩から吹いている風は、今朝も吹き続けています。美方高原は活動場所が木に囲まれている場所が多く、今日のメインプログラムのツリーイングも沢登りも全く影響はありませんでした。

沢登りでは全員が三つ滝まで到達し、滝に触ったり頭からかぶったりもしました。サンショウウオやヒキガエル等の水生生物もたくさん見つけましたよ!

ツリーイングでは樹齢100年を超える大きなとちのきにも登りました。樹上10m以上から景色を眺めたり、木とともにゆらゆら揺れる素敵な時間を過ごしました。夜はプロジェクターで映し出した星を見ながら星のお話を聞きました。今日も元気いっぱい遊んで学びましたよ!

2日目 オリエンテーリングに焼き板にと楽しいこと盛りだくさん!

今日も朝からとてもいい天気で、オリエンテーリングをするには絶好の日。班の皆で声を掛け合いながら美方高原の広大な敷地を探検しました。10個のポイントをめぐりながら課題やクイズをといてまわります。モリアオガエルの卵や冷たい湧き水、400年以上もそこで生きている大とちのきなどを発見しながら、楽しい時間を過ごせたようです。

午後は焼き板づくり。焼き板にする木の板はどこから来たのか、どんな理由があって焼き板をするのかお話を聞き、世界に一つしかない思い出の焼き板が完成しました。夜は雲が厚く、天体観測ができない代わりに大きな天体望遠鏡を見学したり、家族への葉書を書きました。もうすぐ届きますよ~。

1日目 暑いくらいのいい天気!自然学校スタートです!

寒いときはとことん寒い美方高原ですが、今日は30℃近い最高の天気。

元気な浜田小学校のみんなが太陽をつれて来てくれました。

見渡す限り緑でいっぱいの美方高原。きっと楽しい5日間になるでしょう!

とちのき村の天気
個人プログラム
コテージ村
情報誌・寄稿文・新聞記事
申請書類やイベントチラシ
美方高原自然の家 とちのき村の食堂
ご利用の流れ
施設利用でのお願い
危機管理マニュアル
pagetop