とちのき村HOME >危機管理マニュアル >危機管理マニュアル

危機管理マニュアル

危機管理マニュアル

危機管理マニュアル
嵐や雷、大雨の時

※気象情報収集例/日本気象協会・国土交通省気象庁・ウェザーニュース

野生動物の対応

美方高原の周辺は豊かな自然に囲まれており、その自然の中にはさまざまな生き物達が住んでいます。そんな生き物達が生活する場所で私たちが活動を行うには、少し工夫が必要です。

  • 大型の野生動物
    森や山道では1人で行動しない事。また森の中などに入るときは鈴などをもって自分たちがいるところを動物たちにアピールしながら歩いてね。
  • ハチ
    ハチが近づいてきたら、その場を動かずしゃがんで、ハチがその場を離れるまで待ちましょう。また帽子を着用しないとハチみんなの頭をクマ間違えて刺してしまうかも。
  • マムシ
    マムシなどのヘビは薮などの草が生い茂ったところにいることがあります。足元が見えにくいところには、気をつけましょう。またヘビがいたら触ったり覗き込んだり、いじめたりいしないでその場から離れて立ち去りましょう。
  • ウルシ
    森の中にある木や、木に巻き付いているツタなどには、肌が弱い人がかぶれてしまう植物もあります。森の中に入る時は肌が見えない格好をして入りましょう。
事故??ケガ??

美方高原自然の家職員支援について

施設職員はMFAの救急法資格を全員所持し、小児から大人、緊急酸素の対鵜など行います。また、山屋渓谷などの、すぐに病院などにいけない場所での救急の資格を所持しており、施設周辺ではMFA、参観のフィールドではWMAが推奨する応急手当を実施しています。

文中
※MFA/メディックファーストエイド http://www.mfa-japan.com/
WMA/ウェルダネスメディカルアソシエイツ http://www.wildmed.com/

とちのき村の天気
個人プログラム
コテージ村
情報誌・寄稿文・新聞記事
申請書類やイベントチラシ
美方高原自然の家 とちのき村の食堂
ご利用の流れ
施設利用でのお願い
危機管理マニュアル
  • 星フェス2016
  • 防火基準適合表示マーク
pagetop