暑くても気持ちがいい景色


こんばんは、かすみんです。
現在のとちのき村の気温は24℃。(だいたい朝方まで21~24℃くらいです)
ヒグラシが鳴いていて、涼しい気持ちのいい風が吹いてます。テント泊には最高の気候かもしれません。
とちのき村~新屋集落~茅野橋までの区間では、ネムの木が淡いピンク色で咲いていて、暑くなるこの季節に涼しさを感じさせてくれます。この春から森を見ていて感じることは、今年は樹木の花がとってもきれいです。冬に雪が多かったわけでもないと思うのですが(雪が多かった年の春は樹木の花がきれいと言われたりするので)、5月頃から木の様子を見ていると今年は当たり年ですね。ネムの木も驚くほど花がついていて、ピンク色のじゅうたんのようです。


森の中では緑がいきいき。
よくよく見るとセミの抜け殻が葉っぱの裏にくっついてます。ここにもあっちにも、一つ見つかれば次々と見つけられます。深夜に森の中を歩くとセミの羽化の様子も見られそうです。もし、ラッキーなことにセミの幼虫や幼虫が羽化しているところに立ち会ったら、触らずにそっと見守ってあげてください。
幼虫もやわらかくて、羽化の準備が整ってから土から出てくるそうなので、人が触ると体が変形してしまう恐れがあったり、人のにおいがつくと他の生きものに存在がバレてしまい、狙われるかもしれないのでね。心の中でがんばれーって、応援してあげてください。

今日は、美方高原のスタッフでミーティングをしたり、草刈り、草採り、リーフレットの発送作業などをしておりました。夏休み、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
この夏休み、お越しいただけない方にはブログで美方の森の「いま」をお伝えしていきます。
梅雨明けして暑い夏がやってきます!たくさん遊びましょう!
(ちなみに私かすみんは、暑いのが大の苦手です。笑)

カテゴリー: 施設周辺の自然   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です