屋根の雪下ろし

こんにちは、かすみんです。
とちのき村も施設ができて約18年。早めのメンテナンスをして、気遣ってあげないと、大きな破損につながります。全国の雪のニュースを見ていても、ホールの天井が雪の重みで落ちたとか・・・聞いただけでゾッとします。

そこで今日・明日は施設の周辺の建物の雪下ろしをすることになりました。
まず取り掛かったのが、一番大きな屋根を持つ食堂部分。
約2時間半かけて、3/4ほど落とせました。ただ、落としすぎてごみ庫と同じ高さになり、食堂勝手口からは出られなくなりました。
午後からはいったんほかの場所の除雪に向かい、古さんが重機を使ってこの山を取り除いてくれます。
before

after

屋根の上部に行くほど、落とすのが大変になるので、クリアトタンで作ってもらった雪おとし用シューターが役に立ちます。2年ほど前の大雪に比べると半分くらいな量かもしれませんが、大人5人でがんばりました。

午後はキャンプ場の炭焼き小屋などの屋根の雪を下しますが、私は役に立てるでしょうか・・・すでに疲れて、睡魔が誘惑します・・・。

カテゴリー: スタッフ雑感   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です