アウトドア?スポーツ?

こんにちは。
ゆいです。

先日、スタッフで沢登りに行きました。

遊び…ではなくて、この夏に「シャワークライミング」プログラムで使用するフィールドの下見です。

 

我々のやっていることは、ときに「アウトドア・スポーツ」と呼ばれたりします。

が、これは少し危険な言葉だと思っています。
「スポーツ」は、ほぼ管理され安定した環境の中で、能力や技能を競い合うことに注力できる活動です。

これをアウトドアに当てはめるとき、錯覚が起こることがあります。

フィールドが「安定した」ものである、と思い込むの錯覚です。

陸上のトラックやサッカーのフィールドのように、柔道場のように。

それは、雨が降ったらピッチ状況も変わりますが、決定的に危険になることはない。

「危険になることはない。」
ここが、一番の違いです。

我々は、野外で活動を行っています。

フィールドは、基本、動いています。

その、動いている範囲、安定していない範囲が、大きな危険につながることがあるかないか、そこを判断している。

活動、とくに冒険的活動を含む体験学習では、緊張や真剣さにつながる危険は、ひとつの重要な教育要素です。

それが、本当の危険につながるのか否か。

許容できるものか否か。

そこを、常に判断する必要があります。

スポーツはスポーツの良さがあり、アウトドアにはアウトドアの力があります。

自分たちのやっていることに自覚的にいたい。

そう思っています。

なんちゃって。

 

写真は、水中の岩の位置、深さ、水の流れと、吸い込み口のあるなしをチェックしているところ。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です