冬支度(ふゆじたく)とクリスマス会おさそい

11月22日 キャンプ場の冬支度で雪囲い(ゆきがこい)などの作業をしました。

美方高原は、冬季に2mをこえる雪におおわれます。とても兵庫県の一部とは思われないかもしれませんが、施設がスキー場の近くにあることを思えば、イメージがわいていただけるかもしれません。

雪囲いとは、建物の窓を雪の圧力から守るための板を取り付ける作業です。

屋根から落ちてくる雪の勢いで窓ガラスがわれたり、窓まで積もった雪の圧力で窓をこわしたりなどの防止に、雪のたくさんつもる地域では、昔から冬前には各自の家でされています。

最近では、暖冬化の傾向もあり民家の近くでは雪囲いをしなくてもよい地域が、増えてきていると感じます。そして屋根の雪下ろしも・・・・。

さあ、この冬はたくさんの雪がつもってくれるでしょうか?

みなさんは、どうおもわれますか?

あと星に興味がある方は、明け方前の東の空にアイソン彗星が見えてき始めています。

よかったら、いつもより早起きをして彗星をながめてみたり、しらべてみたりして、家族、知人とお話ししてみませんか?

12月1日午後1時から尼崎市の青少年センターで、クリスマス会を行います。

ぜひぜひ、お電話1本で申し込みできますので遊びに来てください。!

一足早いクリスマスを楽しみましょう!詳しくはホームーページのクリスマス会告知をごらんください。!!!(^_^)v

 

 

では またおあいしましょう     さんぽ

カテゴリー: さんぽ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です