美方高原でたどる昆虫の進化⑦

 こんにちは!まっつんです!暖かく天気の良い日が続いていたのですが、今週になってまた気温がぐっと下がり、雪も降るかもしれないということで、スタットレスタイヤはまだ外せそうにないですね(-_-;)

 さて全7回にわたって書いてきたこのブログも今回で最終回です。「昆虫と人」に関して書こうと思います。

 約4億年前から昆虫の祖先が誕生し、確認されているだけでも、約100万種まで増え、世界中のいたるところに生息するようにありました。しかし、そんな昆虫たちにとって予想外のことが起きました。それは「人間の誕生」です。

 人間が自然環境に大きな影響を及ぼすことは皆さんもご存じだとは思います。私も車や電気、洗剤やプラスチックなど日常の中で多くの文明の利器に頼って生活をしていますがおそらく、そのためにいくつかの「自然」を犠牲にしてしまっているのではないかと思います。ですが、車や電気を使わない生活に戻ることなど無理なわけで、、、どうすればよいのでしょうか?

美方高原で虫を追いかける子どもの様子

 私は個人的には昆虫を含めた自然を好きになってもらうことが第一歩かなと感じています。そして自然がなければ人間も生きてはいけないことも。

 自然や昆虫と触れ合う機会が少なくなってきている現代で、不思議、格好良い、美しい、癒される、面白い、自然の持つたくさんの魅力を感じることができるような場所に美方高原だと思っています!

 皆さんと一緒に昆虫を追いかけて「何だこれ!」「カッコいい!」「変なかたち~!!」と盛り上がることができる日を美方の森で楽しみに待っています(^^)/

 長い間お付き合いいただきましてありがとうございました_(._.)_

カテゴリー: まっつん   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です