私はどんな教育観を持っているのか?

 

 

 

 

 

 

 

先日、シチズンシップ共育企画の主催事業に参加しました。
テーマは、「ファシリテーションの判断(ジャッジ)に斬り込む!!」

参加メンバーそれぞれが関わる教育の現場において、自身が、何を、どう判断し、人と関わっているのか、場をつくっているのか、について探求する時間でした。

自分が判断を迫られた場面を材料に、判断の根本を掘り下げてみていきます。

そこには個人の信念や価値観、固定観念、ときには成功体験や失敗体験などによる影響がみられます。
私という人間は、教育の場においてどういったことを大切にしたいのか?

その想いはどこから来ているのか?
教育の場というと、学校や塾、クラブ活動などの場をイメージしがちですが、実際はもっと広くとらえられるものです。

人が人に対して、「こうあってほしい」との想いを持ち、それを伝えられる立場にあり、行使できる力を持つ時、そのすべての人は「教育している」といえます。

相手が誰であろうと。

教育するということの大元には、相手に対し「自分の望む姿になってほしい」という欲求がある。

まずはそのことに気づいておくこと。

人と人のすべての関係において、自分の影響に気づいていくことの大切さを確認した時間でした。

真面目か!

ゆい

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>