アイソン彗星観望会を開催しました

こんばんは、かすみんです!
11月23日(土)から24日(日)の1泊2日で、「アイソン彗星観望会」を行いました。
香美町内から1家族、阪神間から4家族の合計5家族の親子にご参加いただきました。
10日前くらいから週間予報を気にして、朝もいつもより早く起きて東の空の状況を日々確認していたのですが、当日を迎えました。
昼間は星にちなんだクラフトや、アイソン彗星早見盤を作成したり、双眼鏡の使い方を確認して、19時過ぎに屋上に上がると満天の星空!!!
天の川もバッチリ見られて、美方高原で働くスタッフとしても好条件と言える夜空でした!
望遠鏡でアンドロメダ座のアラマクという秋の夜空の中でも美しい二重星とスバルを見ました。その後、屋上に出て星を楽しみました。

21時頃にみなさん就寝して、翌朝3時半起床で4時に自然の家から車に乗り込み15分ほど山の上に移動しました。
月も上がっていましたが、北斗七星や木星を楽しみ、ラブジョイ彗星を見てアイソン彗星が地平線からあがるのを待ちました。
・・・でも残念ながら東の空には雲が立ち込めアイソン彗星を見ることができないまま日の出を迎えました。そこで、ミネストローネとパンとフルーツを食べ、自然の家にかえってきました。自然の家で2時間ほど休憩したのち、七宝焼きキーホルダー作りと太陽の黒点観察で昼間の星を楽しみました。

宿泊ができ、天文台があり、美方高原でみなさまがもーっと星を楽しめることができるよう、私も星に精通したいなぁと思う1泊2日でした。
そして、星の写真にも凝りたいので夜の活動に強くならなくちゃ!
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

23日にはクライミングウォールを使った日帰りアウトドアもあり、野外炊事をされているグループもあり、晩秋の美方高原にたくさんの方にお越しいただけてとってもうれしかったです。
ちなみに今日は風がとっても強くて、通勤する山道に落ちた杉の葉や枝がたくさん落下していました。(イベント当日じゃなくてほんとによかった)今週の終わりには雪マークもつき、いよいよ冬シーズンですね。

カテゴリー: イベント報告   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です